外国人旅行者には札幌が人気

標準

 北海道は観光資源が豊かなところです。新鮮な海の幸、天然温泉、大自然、野生動物…。

 多くの人を魅了してやまない北海道へは、国内だけでなく、海外からも毎年大勢の観光客が訪れます。LCCの就航により、その垣根はぐんと低くなりました。

 なかでも特に今、外国人観光客に人気なのが「札幌」です。世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」内の「トラベラーズ チョイス™人気上昇中の観光都市ランキング 2013」で、札幌が全世界で7位に入るほどの過熱ぶりなのです。ランキング1位にはキューバのハバナ、2位はラ フォルトゥーナ デ サン カルロス(コスタリカ)、3位はカトマンズ(ネパール)が選ばれており、札幌市は世界の7位、アジア内では2位でのラインクインです。

 ではなぜ、海外からの北海道旅行者が札幌に集まるのでしょうか?最大の理由は「雪・温泉・ショッピング・グルメ」全てが網羅された都市だからのようです。

 冬、雪が降り積もる札幌は、私たちには見慣れた光景ですが、雪が降らない東南アジア圏のツアー客には新鮮に映るようです。札幌には、市内中心部から車で1時間以内で行けるスキー場が5箇所もあり、各地でスノーモービルを楽しむ外国人で賑わっています。
 30分程度の講習ですぐ乗れるので、スキー未経験の人々も手軽に楽しめるのです。オールシーズン注目を集めているのは「大倉山ジャンプ競技場」。ここは1972年の冬季オリンピック札幌大会でジャンプ競技場になった場所で、リフトでジャンプ台まで昇れるのが貴重です。スタート地点から眼下を眺めると、急勾配に足がすくみそうなほどで、ジャンプ選手の勇敢さに改めて感服します。

 横の「札幌ウィンタースポーツミュージアム」では、バーチャル映像を組み合わせた体感ゾーンがあり、スキージャンプやボブスレー、ホッケー、クロスカントリーを選手の視点になって体験できます。こちらは寒い思いをせずにウィンタースポーツを体感できるので、雪深い北欧の人々にも好評です。

グルメのほうでは、札幌場外市場が人気。webサイトが英語・韓国語・中国語に対応しており、航空便で海外へも新鮮なカニを送れることから、連日海鮮を求める観光客で混雑しています。

大きなカニを見たことのないアジアの観光客が、タラバカニと記念撮影しようと大行列にもなっているのも名物の風景です。生魚を食べる習慣のない人々も、新鮮なお刺身に驚き、その美味しさに虜になっていくようです。

お土産では「白い恋人」がダントツの人気です。海外でも抜群の知名度があり、工場併設の「白い恋人パーク」は、2011年だけでも6カ国900人が訪れました。特にインドネシア・台湾・中国とアジアでの人気が高く、カゴいっぱいに積み上げて買っていく人々で、ショップは溢れるほどです。この食感のお菓子は以外にも海外にないようですね。

短いバカンスでも十二分に楽しめる要素いっぱいの札幌。冬場のリゾートとして、今後もますます世界からのお客さんが増えそうです。

参考:
札幌のLCC(格安飛行機)JETSTAR
格安の北海道札幌旅行パック
札幌ウィンタースポーツミュージアム

 

 

Leave a Reply